信頼できる医師選びが大切(脳梗塞治療のエキスパート)

婦人

ぎっくり腰の治療方法

医者

急性と慢性の症状がある

腰痛には、急性のものと慢性のものがあり、重いものを持った時などに起きるぎっくり腰は、急性の腰痛です。ぎっくり腰は、腰椎がずれたり、腰背筋や腰椎椎間板が断裂するなどの、ダメージを受けており、行徳などにある整形外科や整骨院で、治療を行うことができます。行徳などにある整形外科や整骨院では、まずレントゲンを撮ったりMRIなどで患部の状態を見て、腰痛の原因をはっきりさせることができます。骨折や内臓の病気が原因で、腰痛が起きることもあるため、行徳の病院では、原因を調べてから、原因に合った治療を行うことができます。急性の腰痛の場合には、患部を冷やすことで炎症をおさえる効果があります。慢性の腰痛の場合には、患部をあたためることが、痛みの緩和になります。

安静にしている工夫が必要

腰痛になった場合には、病院で治療を行い、安静にすることが必要です。ぎっくり腰などの、急性の腰痛の場合には、3日ほど安静にしていると、だんだん痛みが治まっていきます。痛みを感じない姿勢をとるようにするのが必要で、前にかがむ姿勢が特に痛みを感じるため、前かがみの姿勢をとらないように注意して、腰をあまり動かさないようにするすると、痛みをやわらげることができます。痛みが強い時期には、お風呂につかる動作も困難なので、シャワーだけにしておくことも必要です。痛みをやわらげるためには、湿布を貼ることが有効で、行徳の病院を受診すると、湿布を出してもらえたり、痛み止めの注射や、薬などを処方してもらえます。