信頼できる医師選びが大切(脳梗塞治療のエキスパート)

婦人

早めの受診が重症化を防ぐ

女性

手の違和感に注意を

リウマチは女性に多く見られる病気で、特に発症しやすい年齢は30代から50代であるといわれています。リウマチの原因は自分自身の免疫がなんらかの理由によって免疫異常を起こしてしまうということです。遺伝的な要因も関わっているとされていますが、家族や親族にリウマチ患者がいるからといって必ずしも発症するわけではありません。リウマチの初期症状は朝起きたときに手の関節がこわばるというものです。こうした症状は昼間や夜間にはあまり出ないのがリウマチの特徴です。朝服を着るときにボタンがうまくかけられないなど、手を使う動作に違和感を感じたときは早めに世田谷の病院で検査してもらいましょう。気にはなるけれど本当にリウマチだったら怖いという理由で病院の受診が遅れる人が多いのですが、世田谷の病院ですぐに治療を始めれば日常生活を問題なく過ごせる確率が高くなるのです。

検査と治療の流れ

世田谷の病院では、いろいろなリウマチの検査法を用意しています。関節に変形が生じている場合にはレントゲン撮影によって異常を見つけることができます。また血液検査によっても多くのことがわかります。リウマチは自己免疫疾患であるためこの病気にかかると血液中にいろいろな抗体が見られるようになるのです。しかしひとつの抗体だけでは他の免疫疾患との区別がつかない場合もあるため、世田谷の病院では検査結果を精査した上でリウマチであるかどうかの診断を下します。検査の結果リウマチであることが判明した場合でも、現在では効果の高い薬が多数開発されているので心配するには及びません。医師の指示に従ってきちんと治療を続けることが症状の改善につながります。また世田谷の病院では関節の機能低下を防ぐためのリハビリなども実施しているので、そうしたものも積極的に活用するとよいでしょう。