信頼できる医師選びが大切(脳梗塞治療のエキスパート)

カウンセリング

早めの受診が重症化を防ぐ

女性

リウマチは30代から50代にかけての女性に多く見られる病気です。朝起きたときに手がこわばるなどの違和感を感じたら、世田谷の病院で検査してもらうことをおすすめします。今はすぐれたリウマチ薬があるので、世田谷の病院で治療を開始すれば普通に日常生活を送れる可能性が高くなります。

詳細

心臓から血栓が飛ぶ

看護師

心臓が原因で

心臓でできてしまった血栓が脳の動脈で詰まってしまい脳梗塞を引き起こしてしまうこともあります。心臓にできてしまった血栓が原因の脳梗塞を、心原性脳梗塞と呼んでいますが、この治療には脳の血管に詰まってしまった血栓を溶かしてしまう方法が最も効果的になっています。その一方で時間が経過してしまうと血栓が詰まってしまった部分や、その周辺の血管がもろくなってきてしまいます。急に血流が回復すると血管が破れてしまい、出血してしまうというリスクもあります。脳梗塞を発症した人の治療は、血栓を溶かしてしまう薬を投与しますが、これは発症してから3時間以内の人で、発作を起こしてから3時間以上たった人にこの薬を投与しないのは、脳出血を起こしてしまう危険があるからです。

新しく血栓ができないよう

心原性脳梗塞を発症してしまい、3時間以上たってしまった場合はワルファリンという薬を投与して、心臓に新しく血栓ができないような治療を行うことになります。心原性脳梗塞を起こしてしまった人は、再び心臓に血栓ができてしまい再発してしまう確率が高くなっています。ワルファリンを使用して内科的な治療を行っていけば、再発することが減少してきます。脳梗塞の重症化を防止するために、脳のむくみを防止したり有害な活性酸素の働きを抑えてしまう治療もおこなわれます。発作を起こしてから1週間から2週間たてば血栓ができにくくする、各種の薬剤を脳梗塞のタイプに応じて投与をすることで治療が行われていきます。1か月以上たてば、血圧を管理することやリハビリが行われます。

ぎっくり腰の治療方法

医者

腰痛には、急性の症状と慢性の症状があり、ぎっくり腰などの急性の症状は、痛みが治まるまで安静にしている工夫が必要です。行徳などにある整形外科や、整骨院などの病院を受診する工夫をすると、湿布や痛み止めの処方が受けられます。

詳細

夜間に病院を受診したい

病院

いわゆる救命救急センターは、緊急性のない患者を受け入れていません。一刻を争う状態に陥っている患者の救命を目的としていますので、一般の患者は診てもらうことができません。しかし、浦安には一般患者を対象に夜間診療を行っている個人クリニックが複数存在しています。

詳細

オススメリンク

  • よくわかる脳梗塞の予防・治療Navi

    症状を把握しておくことで早期発見できますよ。脳梗塞の治療法を紹介しているサイトがここにあるので利用しませんか。